このエントリーをはてなブックマークに追加  

ネガティブカロリーフードとは?

ネガティブカロリーフードとは、
「その食品が持っているカロリーよりも、その食品を消化・吸収する課程で消費するカロリーのほうが高い食品」
のことです。
つまり、

 

摂取カロリー < 消費カロリー

 

となり、そういう食品を積極的に食べることでダイエットできるという方法です。
ネガティブカロリーフードを食べれば食べるほど、消費カロリーをどんどん増やすことができるので簡単にダイエットできる、というものです。

 

英語版Wikipediaによると、ネガティブカロリーフード(negative calorie food)は次のような食品が挙げられています。

  • 野菜:アスパラガス・ブロッコリー・キャベツ・ニンジン・カリフラワー・セロリ・唐辛子・ニンニク・レタス・タマネギ・
  • 果物:リンゴ・ブルーベリー・クランベリー・グレープフルーツ・レモン・ライム・マンゴー・オレンジ・パパイヤ・桃・パイナップル・ラズベリー・イチゴ・トマト・スイカ・キュウリ・ズッキーニ

ネガティブカロリーフードは野菜と果物に集中していることが分かります。
しかも、私たちの生活になじみ深い食物がほとんどです。

科学的根拠のないダイエット方法

結論からいうと、ネガティブカロリーフードダイエットには科学的な根拠はありません。
これらのネガティブフードカロリーの摂取カロリーと、消化吸収に必要なカロリーを測定して比較したデータがないということです。

 

試しに、世界中の医学論文が検索できる検索エンジンPubMedで、"negative calorie food"というフレーズでフレーズ検索したところ、ヒットした論文は一件もありませんでした。
アメリカのニュース雑誌「TIME」の記事でも、ネガティブカロリーフードの存在を否定しています。

 

食品の持つカロリーは、ボンブ式カロリーメーターという装置で実測することができます。
また、消化吸収に必要なカロリーは、食べた人の酸素摂取量が、安静時に比べてどのくらい増加したかで計算することができます。

 

もし本当にネガティブカロリーフードというものが存在するのならば、それを科学的に証明したデータがないことは全く不思議なことです。
さらに、ネガティブカロリーフードダイエットという言葉が聞かれるのはインターネット上だけであり、医学関連・健康科学関連の学会や学術雑誌で一度もその存在が話題になったことがないのも不思議な話です。

 

ネガティブカロリーフードダイエットは、都市伝説といえるでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

筋トレすれば本当にやせる?
「脂肪燃焼」という言葉はなかなか奥深いです。
簡単に体重を落とす方法は本当に有効か?
ダイエットではなぜ有酸素運動でなけれればならないのか?
筋肉をつけて基礎代謝はどのくらい増やせるのか?
よく噛んで食べることはダイエットに効果的だと思います。
ジョギング・ウォーキング・水泳、ダイエットに一番効果的なのは?
脂肪のカロリー
脂肪と脂肪細胞 ダイエットの栄養学
METSによる消費カロリー計算方法
呼吸商とは?
BMIとは?肥満度の指標
バナナダイエットの方法と効果・注意点
ケトン体ダイエットは本当に大丈夫?
マクドナルドを90日間食べ続けて17kgのダイエットに成功した男性の話
夜8時以降に食べると太るのは本当?−ダイエットの迷信
カロリーゼロ食品を食べればかえって太るのか?
リバウンドの原因は「食欲が抑えられない」こと?
朝食にチョコレートを食べるとダイエットできる?
トマトのダイエット効果?−中性脂肪を下げる物質を新発見
無理しないことが最良のダイエット法
やせるためには運動がいいのか?カロリーを減らすのがいいのか?
人間はどこまでもやせることはできない
夜勤従事者のダイエット方法とは?
芸能人(女優など)のダイエットをまねするには?