このエントリーをはてなブックマークに追加  

ダイエットの限界を知り、身体の声に耳を傾ける

ダイエット,やせる,限界

考えてみればごく当たり前の話なのですが、ダイエットしている人が忘れがちな視点の話です。

 

ダイエットに成功し、体重が落ちました。
そうなると、がぜんやる気が出てきます。
最初はマイナス3kgを目標としていたのに、それに成功すると、あともう少し、と思ってしまいます。
努力して、それが実を結ぶことは快感ですから、気持ちがエスカレートする場合があります。

 

しかし、最初のうちは順調に落ちていた体重が、徐々に落ちなくなってきます。
最初の3kgは割と簡単に落ちていたのに、さらに2kgがなかなかやせられない。
だんだん気持ちが焦ってきて、ストレスがたまってくる場合があります。
そして、最後には気持ちが折れてしまい、ダイエットを断念、リバウンドで体重が元どおりになってしまうという悲劇が・・・

 

さて、ここで大事なのは「体重をゼロにすることはできない」という厳然たる事実です。
いつかは「これ以上痩せられない」というところがやってきます。
しかし、一度成功体験を手にしてしまうと、この事実が見えなくなってしまう人もいるのです。

 

ダイエット,やせる,限界
体重はこのような感じで直線的に減り続けるのではなく、
ダイエット,やせる,限界
このような、ある一定の限界値があります。

 

人間の身体は、現在の状態を保とうとする力(恒常性)があり、これを「ホメオスタシス」と言います。
個人個人には、ある程度の範囲で、あらかじめセットされた体型があり、それを超えようとすると、その動きを抑えようとする作用が働きます。
体重が大きく落ちてくると、基礎代謝が下がり、できるだけエネルギーを消費しないようになりますし、
食欲も強くなり、体重を戻そうとする作用が働きます。
そうなると、今までどおりに体重を減らすことが非常に難しくなります。

 

大切なのは、限界があることを認め、停滞がやってくるところまでダイエットすることができたら自分を大いにほめ、満足することです。

 

ホメオスタシスをつかさどる本能の、食欲の誘惑と毎日戦い続けるほど自分を追い込んだダイエットではなく、
ただ、なんとなく口寂しいからつい食べてしまうとか、食べる必要がないのに何となく食べてしまう、
といった無意味な食欲をコントロールすることです。

 

自分の身体の声に注意深く耳を傾け、食べる必要のあるときに、必要な分だけ食べる。
必要のないときは食べない。
これが無理なくできるようになれば、精神的にも非常に気持ちがいいですし、
自分にとって健康的で自然な体型をキープできるでしょう。


女性のためのエクササイズDVDプレゼント実施中!
気に入らなければ返金OK


このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

筋トレすれば本当にやせる?
「脂肪燃焼」という言葉はなかなか奥深いです。
簡単に体重を落とす方法は本当に有効か?
ダイエットではなぜ有酸素運動でなけれればならないのか?
筋肉をつけて基礎代謝はどのくらい増やせるのか?
よく噛んで食べることはダイエットに効果的だと思います。
ジョギング・ウォーキング・水泳、ダイエットに一番効果的なのは?
脂肪のカロリー
ネガティブカロリーフードダイエットは本当か?
脂肪と脂肪細胞 ダイエットの栄養学
METSによる消費カロリー計算方法
呼吸商とは?
BMIとは?肥満度の指標
バナナダイエットの方法と効果・注意点
ケトン体ダイエットは本当に大丈夫?
マクドナルドを90日間食べ続けて17kgのダイエットに成功した男性の話
夜8時以降に食べると太るのは本当?−ダイエットの迷信
カロリーゼロ食品を食べればかえって太るのか?
リバウンドの原因は「食欲が抑えられない」こと?
朝食にチョコレートを食べるとダイエットできる?
トマトのダイエット効果?−中性脂肪を下げる物質を新発見
無理しないことが最良のダイエット法
やせるためには運動がいいのか?カロリーを減らすのがいいのか?
夜勤従事者のダイエット方法とは?
芸能人(女優など)のダイエットをまねするには?