このエントリーをはてなブックマークに追加  

おやつを食べるから太らない?間食でドカ食い防止

太らない,おやつ,食べ方,ヘルシースナッキング

ダイエットしようとして、お腹が減っても間食も食べずに我慢しているのに、なぜか体重が増えてしまったということはありませんか?

 

おやつを食べたくても耐えているのに、夕食の時にお腹が減りすぎて、ついついドカ食いしてしまって後悔・・・ということはありませんか?

 

特に、朝食を食べない人や、夕食が遅くなってしまう人は、食事と食事との間隔が開きすぎて、過食してしまい、一日の摂取カロリーが多くなってしまうことがあるようです。

 

食事を摂って20分くらいすると血糖値が上がり、満腹中枢が刺激されます。
しかし、最初の空腹感が強すぎると、満腹中枢が刺激される前にドカ食いしてしまい、結局カロリーオーバーから肥満になってしまうケースが結構あるようです。

 

さらに、ドカ食いはカロリーオーバーの元になるだけでなく、身体に大きなストレスを与えてしまいます。

 

血糖値が急激に上がることで、インスリンが大量に分泌され、その結果、血糖値は再び急激に下がります。
食事を始めて短時間の間に血糖値が急上昇・急降下し、大きなストレスになってしまうのです。

 

やせたいと思って間食を我慢しているのに、むしろ、そのことが食べ過ぎから肥満の原因になってしまう・・・皮肉な話ですね。

 

そこで「おやつを食べてドカ食いを予防し、過剰なカロリー摂取をなくそう!」という考え方が生まれました。
それが「ヘルシースナッキング」です。

 

食事と食事との間が長くなる場合、極度に空腹になってしまわないように、軽く間食を摂って、空腹感を減らし、お腹をもたせるという方法です。

 

注意点としては、おやつと毎食を合計したトータルのカロリーは低く抑えることです。
1日3食であっても、間食を含めて4食であっても、合計のカロリー量が低いほうが良いです。
おやつを3食にプラスしたら、総カロリー摂取量が増えてしまったのでは、元も子もありません!

太らない,おやつ,食べ方,ヘルシースナッキング

ここで大事になってくるのが、間食の質です。

  • カロリーは低く抑えること
  • 空腹感を和らげること

というのがポイントで、その目安として、

  • カロリーが200kcalくらいまで
  • 食物繊維・タンパク質が多い
  • 腹持ちが良い

という点をクリアできれば、ヘルシースナッキングのための間食として理想的です。

 

コンビニなどで栄養表示をチェックしながら、良いものをいろいろ探すのも楽しいですね。

 

ただし、袋菓子は避けたほうがいいでしょう。
ついつい食べ過ぎてしまって、気が付くと全部食べ切ってしまった・・・という悲しい事態を防ぐためです。
小分けで食べきりサイズになっているものをおすすめします。



このエントリーをはてなブックマークに追加