このエントリーをはてなブックマークに追加  

短期間で簡単に体重を落とす方法は本当に簡単?

ネットで検索してみるだけも、一週間とか三日とか、短期間で簡単に体重を落とす方法という情報を見ることができます。

 

一言でまとめるとちょっと乱暴なのですが、あえて一言でまとめると「超低カロリーの食事をする」ということです。

 

たしかに、超低カロリー食なら効果てきめんで体重が落ちますね。絶大に効きます。

 

運動でダイエットしようと思っても、ちょっとやそっと運動時間を増やしたところで体重を落とす効果は少ないですし、実際に体重計に乗って数値が減っても、実はほとんどが汗という、なんとも悲しいオチになりがちです。

 

あと、食べる量を減らしているときは血糖値も下がりがちですから、ガッツリ運動しようとするとお腹が減りすぎてフラフラになって本当にきついです。

 

いや、もう「きつい」というレベルではなく、身体が動かなくなります。

 

ということからも筆者はとりあえず手っ取り早く短期間で体重を減らしたい場合は「超低カロリー食を食べ、激しい運動はしない」というのが一番効果的だと考えています。

 

しかし、ここが大事なのですが、短期間で体重を落としたい場合、陥りやすい落とし穴があるので、それについて書きたいと思います。

 

数字上体重を減らすことが目的となりがち

超低カロリーダイエットのときだけではありませんが、ダイエットのときは体重計に毎日乗って、数字の変化が気になりますよね?

 

しかし、体重オーバーしたら試合に出れないボクサーですか?と。

 

ダイエットの目的は、数字上の体重を減らすことではなく、「ほっそりと見えること」ですよね?

 

超低カロリー食ダイエットを続ければ、(ちゃんと方法を守っていれば)体重が減るのは当たり前です。極論すればわざわざ体重計で確認する必要はありません。

 

それよりも、毎日同じ位置から同じ照明を使って、スマホで顔の写真を撮り、ほっそりと見えてきたかどうかチェックして見ることのほうが100倍大切です。

 

もう一度言います。

 

数字(体重)を減らすことではなく、見た目(イメージ)の変化が大事なのです(医療目的でダイエットをしている人を除く)。

 

リバウンドの可能性が高い

超低カロリー食ダイエットは、かなり肉体的・精神的に無理があります。

 

たとえば7日間燃焼スープダイエットは、必要カロリーの半分ほどしか摂取できません。

 

そりゃ体重は落ちるだろ、と思いますが、かなりきついと思います。

 

7日間経って、普通の食事解禁!というときの反動が心配です。

 

短期間で体重をどうしても落とさなければならない強い理由があるのならば、しかたないかもしれませんが、短期集中的に強いダイエットをするのは、終わったときの反動が怖いのでおすすめはできません。

 

長期的に、無理のない、ゆるめのカロリー制限をし、食欲をコントロールして無意味に食べないような意識付けをするほうが、精神的にも肉体的にも無理のない、自然なダイエットですね。

女性のためのエクササイズDVDプレゼント実施中!
気に入らなければ返金OK


このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

筋トレすれば本当にやせる?
「脂肪燃焼」という言葉はなかなか奥深いです。
ダイエットではなぜ有酸素運動でなけれればならないのか?
筋肉をつけて基礎代謝はどのくらい増やせるのか?
よく噛んで食べることはダイエットに効果的だと思います。
ジョギング・ウォーキング・水泳、ダイエットに一番効果的なのは?
脂肪のカロリー
ネガティブカロリーフードダイエットは本当か?
脂肪と脂肪細胞 ダイエットの栄養学
METSによる消費カロリー計算方法
呼吸商とは?
BMIとは?肥満度の指標
バナナダイエットの方法と効果・注意点
ケトン体ダイエットは本当に大丈夫?
マクドナルドを90日間食べ続けて17kgのダイエットに成功した男性の話
夜8時以降に食べると太るのは本当?−ダイエットの迷信
カロリーゼロ食品を食べればかえって太るのか?
リバウンドの原因は「食欲が抑えられない」こと?
朝食にチョコレートを食べるとダイエットできる?
トマトのダイエット効果?−中性脂肪を下げる物質を新発見
無理しないことが最良のダイエット法
やせるためには運動がいいのか?カロリーを減らすのがいいのか?
人間はどこまでもやせることはできない
夜勤従事者のダイエット方法とは?
芸能人(女優など)のダイエットをまねするには?