このエントリーをはてなブックマークに追加  

「運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割 」(森拓郎)

 

この本の主張は、私がこのサイトで述べていることととても似ているようですね。
気になります。

 

実際、運動でダイエットしようと思っても、がんばった割に、時間をかけた割にはそれほど消費カロリーは大きくなりません。
それよりも、たとえば菓子パンを1個食べるなど、高カロリー食品で摂取してしまう余分なカロリー増のほうが、圧倒的に簡単なのです。

 

菓子パン1個なんて、食べるのはたったの数分です。
自分の中で「食べた」という事実に対する印象はほとんど残りません。

 

反対に、運動はハードにやればやるほど、自分の中で強い印象が残ります。
「消費カロリーをこれだけ増やしたんだ!」と。

 

でも、自分の心の中に残った印象とうらはらに、体内に取り込んだカロリーのほうが多いのです。

 

ダイエットの成功の唯一の原則は
「消費カロリーを摂取カロリーより増やすこと」
です。

 

食べる必要のない余分なものを食べず、摂取カロリーを少なくすることのほうが、運動をガッツリやって消費カロリーを増やすよりも、簡単で、時間もかからず、続けやすいダイエットなのです。

 

「運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割 」ですごいと思ったのは、プロのスポーツトレーナーが、運動よりも食事を圧倒的に重視しているということです。

 

スポーツトレーナーは運動が大好きな人ですから、運動の効果を過剰に信じたくなってしまいがちですが、
この本の著者の方は、冷静に判断しているようですね。

 

早速購入して読んでみて、中身をレビューしたいと思います。

 

 

あなたは本当は太りにくい体質なのかもしれない・・・
太りやすい体質を知る遺伝子検査



このエントリーをはてなブックマークに追加