このエントリーをはてなブックマークに追加  

短期間で二の腕が細く痩せる3つのポイント

夏になって半袖やノースリーブを着るようになったり、パーティーのドレスやウェディングドレスを着るときに映えるのがほっそりとした二の腕。
脂肪のついたプルプル二の腕から、短期間で細い二の腕を実現する方法について大切なポイントをまとめたいと思います。

 

二の腕エクササイズで、二の腕の脂肪が消費されやすい&引き締められやすい状態を作る

二の腕だけを動かすような運動は、結構筋肉がきつい割に、カロリー消費は少ないのです。
なので、余分な脂肪を減らすにはあまり向いていません。
筋肉がきつく、「運動やった感」があるだけに残念ですが・・・

 

とはいうものの、普段動かすことの少ない二の腕をしっかり動かすことで、その部分の脂肪が燃焼し、痩せやすい状態に持っていくことができるようです。

 

また、筋肉をしっかり使うことで、全体的に引き締まった感じになり、実際よりも細い見た目になることが期待できますね。

ジョギングなどの有酸素運動で消費カロリーを増やす

実は二の腕エクササイズだけではカロリー消費量が少なすぎて、効果が目に見えるくらい脂肪を燃焼させるには十分ではありません。

 

二の腕だけを動かすようなピンポイントのエクササイズだけではなく、ジョギングなど、全身を使った有酸素運動でしっかりカロリーを消費させましょう。
有酸素運動の前に二の腕エクササイズを行っておけば、二の腕の脂肪から優先的に消費されやすくなることが期待できます。

 

「二の腕→有酸素運動」の順ですよ。
逆にしないように気をつけてくださいね!

短期間で二の腕を細くしたい場合は有酸素運動より食事重視で!

 

運動だけで二の腕を細くしようとすると、どうしても時間がかかってしまいます。
「夏までに」とか「披露宴までに」と短期間で達成したい場合、カロリー摂取量を減らすダイエットが運動だけよりもずっと効果的です。

 

「短期間で細くする」という条件つきなら、重要度は
「カロリー摂取減 >> 二の腕エクササイズ > 有酸素運動」
ですね。
(ちなみに、長期的なら「カロリー摂取減 > 二の腕エクササイズ = 有酸素運動」ですね)

 

 

あなたは本当は太りにくい体質なのかもしれない・・・
太りやすい体質を知る遺伝子検査



このエントリーをはてなブックマークに追加