このエントリーをはてなブックマークに追加  

「脂肪燃焼には有酸素運動」は常識か?

運動でダイエットする際によく言われるのが、

 

「脂肪燃焼は有酸素運動で行われます。

 

心拍数を上げすぎると無酸素運動になってしまい、糖質ばかりが使われてしまい、脂肪が効率的に燃焼されません。

 

なので、心拍数を上げすぎないように注意し、有酸素運動を行いましょう」

 

ということです。

 

これは半分は当たっていて、半分は間違っています。

 

たしかに、心拍数が高くなると無酸素運動になってしまい、脂肪燃焼の割合は低くなってしまいます。

 

全力で5分程度くらいしか続かないくらいの強度になると、脂肪燃焼の割合はほぼ0です。

 

ただ、糖質が使われるのか、脂肪が使われるのかということに関しては、気にする必要はほとんどありません(ちなみに、「燃焼される」と「使われる」はほぼ同じ意味だと思ってください)。

 

というのは、糖質も消費されなければいずれ脂肪へと変換されてしまうからです。

 

それに、ごく軽い運動でも脂肪だけが使われるのではなく、脂肪と糖質の割合は半々です。

 

つまり、どんな運動であっても、半分以上は糖質がエネルギーとして使われ、脂肪の割合は最大でも半分であるということです。

 

脂肪燃焼とか糖質燃焼とか考えても、結局は半分以上は糖質が使われますし、そもそも糖質だって残れば脂肪になります。

 

なので、糖質とか脂質とか細かいことは考えず、単純に「何キロカロリー消費するか」という観点から考えるほうがよほど意味があります。

 

走るペースにかかわらず、1km走ればほぼ体重kcalだけ消費されます。

 

走る距離はgoogle mapsで簡単に計測できますから、カロリー計算は実にシンプルですね。

 

では心拍数を気にしなくてもいいのか?

では心拍数を気にしなくてもいいのか?ということですが、そうではありません。

 

「走るペースにかかわらず、1km走ればほぼ体重kcalだけ消費されます」ということがカギとなります。

 

必死でダッシュしても、チンタラジョグでも1kmは1km。消費カロリーはほぼ同じです。

 

しかし、必死でダッシュでは1kmも走れば、もう動きたくありません。

 

一方、ゆっくりジョグだと1kmは余裕。もっと距離を伸ばすことができます。

 

トータルで見ると、心拍数の上がらない、ゆっくりペースのジョギングでは、走るトータルの距離を伸ばすことが簡単で、結果的に消費カロリーを増やすことができます。

 

ただ、心拍数を上げないゆっくりペースだと、同じ1km走るにも時間はかかりますから、時間の制約上、あまり距離を伸ばせないという現実があります。

 

距離を伸ばそうと思えばできる程度に心拍数を抑えたペースで、かつ、時間を有効に使える程度にペースを上げるといった調整が必要になってきます。

女性のためのエクササイズDVDプレゼント実施中!
気に入らなければ返金OK


このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

筋トレすれば本当にやせる?
「脂肪燃焼」という言葉はなかなか奥深いです。
簡単に体重を落とす方法は本当に有効か?
筋肉をつけて基礎代謝はどのくらい増やせるのか?
よく噛んで食べることはダイエットに効果的だと思います。
ジョギング・ウォーキング・水泳、ダイエットに一番効果的なのは?
脂肪のカロリー
ネガティブカロリーフードダイエットは本当か?
脂肪と脂肪細胞 ダイエットの栄養学
METSによる消費カロリー計算方法
呼吸商とは?
BMIとは?肥満度の指標
バナナダイエットの方法と効果・注意点
ケトン体ダイエットは本当に大丈夫?
マクドナルドを90日間食べ続けて17kgのダイエットに成功した男性の話
夜8時以降に食べると太るのは本当?−ダイエットの迷信
カロリーゼロ食品を食べればかえって太るのか?
リバウンドの原因は「食欲が抑えられない」こと?
朝食にチョコレートを食べるとダイエットできる?
トマトのダイエット効果?−中性脂肪を下げる物質を新発見
無理しないことが最良のダイエット法
やせるためには運動がいいのか?カロリーを減らすのがいいのか?
人間はどこまでもやせることはできない
夜勤従事者のダイエット方法とは?
芸能人(女優など)のダイエットをまねするには?