このエントリーをはてなブックマークに追加  

産後に7kg痩せたという、松嶋菜々子の小鉢ダイエットとは?

松嶋菜々子さんは、第一子を出産後に、たった4ヶ月で仕事復帰を果たしたそうです。
女優としての仕事ですから、たとえ産後であっても体型は出産前のようにスリムになっていなければなりませんね。
というわけで、産後ダイエットは松嶋菜々子さんが復帰するための必須項目だったのですが、聞くところによると、1ヶ月に7kgのダイエットに成功したとか!

 

普通の女性の場合、1ヶ月で7kgは全くオススメできません(健康に悪いです)。
これほどにまで過酷な産後ダイエットを行わなければならないのは、女優としての職業魂がなせる業だと思います。
通常、健康を維持するためには、1ヶ月で1kgを限度に産後ダイエットを行いたいものです

 

とはいうものの、松嶋菜々子さんが行った「小鉢ダイエット」、その方法は大いに参考になると思います。
むしろ、ダイエット方法としては、かなり理想的なものかと思います。

松嶋菜々子の産後ダイエット、方法を箇条書き

それでは、松嶋菜々子さんの小鉢ダイエットの方法を以下に箇条書きで書き出してみました。

  • 食前に豆乳を飲む
  • 白米を五穀米や玄米に変える
  • 小鉢(小さめの食器という意味)におかずを盛り付ける
  • よくかんで食べる
  • おかずは和食中心にする

基本的なことばかりですね。
ですが、基本をキッチリ守ること。
これをできることが大切なのです。

 

なぜ小鉢ダイエットは効果的か?

それでは、松嶋菜々子さんの小鉢ダイエットがなぜ効果的なのか、その理由について述べましょう。

  • 食前に豆乳を飲むことで、食事の前に満腹感を少しでも満たす。また、豆乳はダイエット中に不足しがちなタンパク質を補うのに役立つ。
  • 品目の多い小鉢のおかずを食べることは、品目の少ない大皿料理よりも、かむ回数が自然と多くなる。かむ回数が多いと満腹中枢を刺激しやすい。
  • さらに、皿数が多いと、食事にかける時間が自然と長くなり、その分、満腹中枢が満たされやすい(早食いはダイエットの敵です)。
  • 品目が多いと栄養バランスも自然と取れてくる(1日30品目以上が推奨されている理由ですね)。
  • 小鉢料理のメニューとしては、洋食系よりも和食系のほうがレパートリーが多く、作りやすい。
  • 品数が多いほうが、視覚的にも満足感があり、心理的に満足しやすい。

ただ、小鉢ダイエットの欠点としては、産後という赤ちゃんの世話をつきっきりでしなければならない大変な時期に、たくさんの小鉢料理を作るのが大変ということです。
そのあたりは、例えば、食材の宅配サービスを利用するなどして、労力を少しでも減らすようにするのが良いでしょう。

女性のためのエクササイズDVDプレゼント実施中!
気に入らなければ返金OK


このエントリーをはてなブックマークに追加